アマゾンジャパン、「Alexaスキル」の開発者向けにリマインダー機能のAPIの提供を開始

API最新ニュース

12月13日、アマゾンジャパンはクラウド音声サービス「Alexa」で利用できる機能「Alexaスキル」の開発者向けに、リマインダー機能のAPIの提供を開始しました。

今回提供が開始された機能はAlexaリマインダーと呼ばれ、amazon alexaのホームページでは以下のような用途が挙げられています。

    • ビジネス&金融: 毎週木曜午前8時に銀行の残高通知をさせる、など。
    • ライフスタイル: 毎日正午に瞑想の開始を通知させる、など。
    • 場所: 夕食時刻の2時間前に通知させる、など。
    • ゲーム、トリビア、アクセサリ: 毎日午後7時30分にデイリークイズの開始を通知させる、など。
    • スポーツ: 明日の午後6時にドリームチームのチェックを通知させる、など。
    • 旅行 & 交通: 平日の午前7時に鉄道状況のチェックをリマインドさせる、など。

日本では「CARADA 声でおくすり記録」と呼ばれる、Alexaリマインダーの機能が利用されたアプリケーションがあります。


CARADA 声でおくすり記録 – amazon.co.jp

「CARADA 声でおくすり記録」は話しかけるだけで簡単に服薬記録ができるサービスです。

薬局でお薬をもらった際に受け取る調剤明細書のQRコードをCARADAアプリへ登録することで、毎日指定した時刻にAlexaが声で通知してくれるようです。

外出時でもAlexaアプリの通知をONに設定することでスマートフォンで通知を受信といいます。

今回「Alexaスキル」を利用する開発者がAlexaリマインダーを利用して開発できるようになったため、開発者はより多くの分野でAlexaと連携したアプリケーョンを構築できるようになると思われます。


Alexaスキル開発者向けにリマインダー機能のAPI公開 – IT media


amazon alexa – amazon.com