週間APIニュース 9月17日版

週間APIニュース

https://developers-jp.googleblog.com/2021/08/google-ads-api-2022.html

AdWords API は、2022 年 4 月に提供を終了する予定です。Google 広告アカウントの管理を続けるには、それまでにすべてのリクエストを Google Ads API に移行してください。

ノンプロ研講座「GAS×freee APIコース」開講全11回のfreee APIを習得するコースを提供

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000702.000006428.html

Google Apps Script (以下、 GAS)によるfreee API操作の習得を目指すコース「GAS×freee APIコース」への協力・支援を行うことをお知らせします。freeeユーザーかつGoogle Workspaceユーザーを対象に、プログラム初心者向けのコースと、GAS経験者向けに freee APIを習得するコースの2コースを提供します。

アップルとGoogle共同開発のコロナ接触通知API、米国では大失敗との調査結果

https://japanese.engadget.com/apple-google-exposure-api-failed-us-070051708.html

新型コロナの陽性反応が出た人々のうち、実際にアプリに記録した人はわずか2%でした。接触通知アプリは、陽性診断を受けた本人がアプリを通じて報告し、その人と濃厚接触した可能性のある人々に警告することが目的のため、98%もの陽性ユーザーが記録を付けなければまったく意味を成さないことになります。

金融サービス用APIのマーケットプレースが10月にオープン NTTデータが非営利で運営

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/31/news168.html

NTTデータが金融サービスに活用できるAPIのマーケットプレースを10月にオープンする。家計簿アプリを提供する事業者や自治体の利用を見込む。サービス非営利で運営し、AIやロボットなどの活用が課題となっている。

TikTokのCreator Marketplace APIでマーケターは1次データをアクセスし自社に最適なクリエイターが探せる

https://jp.techcrunch.com/2021/09/03/2021-08-31-tiktoks-new-creator-marketplace-api-lets-influencer-marketing-companies-tap-into-first-party-data/

新しいAPIによって提携マーケティング企業は視聴者層、成長トレンド、ベストパフォーマンスビデオ、キャンペーンのリアルタイムレポーティング(ビュー、いいね!、シェア、コメント、エンゲージメントなど)に関するTikTokのファーストパーティーデータ(1次データ)を初めてアクセスできるようになる。取得したデータは自社のプラットフォームに持ち込んで、顧客に提供している将来予測の強化に利用できる。

APIエコノミーを促進する「API研究所」を設立

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000054025.html

「API研究所」では、下記の活動をいたします。・SaaS導入顧客企業様の業務フローを想定したAPI仕様の提供・APIに関する調査、共同研究、仕様策定・APIに関する情報共有セミナー

freee API / アプリ の記事を書いてAmazonギフト券10,000円分をもらおう!

https://note.com/freee_api/n/n97ac7747c4c6

API/アプリを利用して、freeeを便利につかっている記事を大募集!すてきな記事を書いてくれた方へ、抽選で3名様に 「Amazonギフト券10,000円」 をプレゼントします!

NFT開発インフラ『Hokusai API』を運営する日本モノバンドルが個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000082733.html

最大の特徴は、数行のコードを加えるだけでWebサイトにNFT機能を追加できる手軽さにあり、他のサービスと組み合わせれば、ノーコードでNFTマーケットプレイス・NFT販売サイトを構築することが可能になります。