【APIレビュー】EDAMAM Food Database API

EDAMAN Food Database APIのAPIレビュー

総合評価コメント

食品データベースAPIは、一般的な食品、加工食品やレストランでの食事のための栄養と食生活のデータを見つけるためのデータを提供する。

フレーズやキーワードから検索を行い、栄養と成分データを抽出できる。APIはドキュメント、データ共に充実している。企業で扱う場合には有料となるが、個人で扱う場合には無料である。しかし、ページ遷移がわかりにくく、意図したページへ移るのに時間がかかる。

また、APIのスタートページではサインイン後も同じ挙動になる部分があるため注意が必要である。サポート体制も特に問題ないと感じたため、総合評価は8点とした。

評価項目

評価項目
ドキュメントドキュメントページにはAPIやパスについて等の説明が充実している。リクエストもパラメータもふまえて例が記載されているため、値を変更するだけで利用することが可能である。

また、ステータスコードが詳細に記載されているため親切である。
しかし、本文は英語で書かれているため翻訳する必要がある。

使いやすさ基本的なパラメータは少なく扱いやすい。jsonファイルに書き込むパラメータは必須なものは少ないが種類が多いため、内容次第では扱いにくくなる可能性がある。
データの中身データの中身は充実しており、フレーズやキーワードに対応する各食品の詳細な成分レベルの栄養データを取得できる。レスポンスでURIが複数返ってくるため長文化する恐れがある。

また、APIプランによってより高度で詳細なデータを取得可能である。

価格無料。
APIプランのアップグレード有り。
サポート体制問い合わせはスタートページにあるがAPIを起動するために取るもので用途が異なる。
よくある質問の部分が充実していて、基本的には問い合わせる必要が無いように感じるため問題ないと考える。
開始しやすさAPIの利用にAPI Keyを発行する必要があるが、スタートページでサインアップするだけで作成できる。
このAPI keyはアプリケーションページのViewから確認できる。
API自体は基本的にはAPI keyに加えてIDとテキストを入力したjsonファイルを指定するだけで良いため開始しやすい。

API概要

API概要
API名EDAMAN Food Database API
APlbank ASID未登録
テスト可否未登録
カテゴリAI
概要This API provides you with tools to find nutrition and diet data for generic foods, packaged foods and restaurant meals. In addition it employs NLP (Natural Language Processing) which allows for extraction of food entities from unstructured text.
公式URLhttps://developer.edamam.com/
APIフォーマットREST。URLパラメーターを指定するタイプ。
レスポンス形式JSON
SDK/ライブラリ用意なし(そもそも不要)
テスト環境なし
APIbankのレスポンスタイム未登録