実際の都市のデータをRPG風にカスタマイズ可能 「Google Maps API」にゲーム開発用新機能

API最新ニュース

「Google Maps API」に、ゲーム開発用の新しい機能が追加されました。

この機能を利用することで、IngressやポケモンGOのような位置情報に基づくAR(拡張現実)ゲームが開発しやすくなります。

Google マップの豊富なデータを Unity ゲームエンジンから利用できるようになりました。

これにより、建物・道路・観光名所などがUnityのGameObjectとして利用可能となり、位置情報といったグーグルマップの地図データをこれまでより容易にUnityに取り込むことができます。

また、これらのデータに変更を加える機能も搭載されているので、ゲームの雰囲気にあわせて形状を変えたりすることも可能です。

Googleは活用例として、実際の都市をベースに中世風・ファンタジー風・近未来風に変更した動画を公開しています。

これらの機能を利用することにより、AR(拡張現実)ゲームの開発の際、素材データをいちから集めるといった工程が大幅に簡略化できるようになります。

韓国のゲーム会社「FourThirtyThree」は、今回公開されたGoogle Maps APIを先行で利用してゴーストバスターズのARゲームを発表しています。

他にも「The Walking Dead: Our World」や「Jurassic World Alive」といったタイトルが同APIを利用しているとのこと。

今回発表された新機能により位置情報ゲームは、今後より一層充実したタイトルが発表されそうです。

位置情報ゲーム開発が容易に、Googleがゲーム開発者向けMaps APIを公開。Unityとの統合も発表 – ライブドアニュース

Google Maps APIs | Google Developers