これからのシステム構築にはAPI連携が不可欠 ただしAPI化できる人材がいないのが課題

API最新ニュース

ITコンサルティング・調査会社のアイ・ティ・アールは、これからのシステム構築手法の指針として「ビジネスに貢献するシステムの革新的構築手法~迅速開発環境サービスとAPIマッシュアップによるアジリティ向上~」を2018年1月10日に公開しました。

この中では、ビジネスに貢献する企業システムの構築には、品質・コスト・開発スピード・変更容易性・継承性全てを並立できる「迅速開発環境サービス」が不可欠です。
しかし、すべてのシステムをこれを用いて開発するのは現実的とはいえず、革新的で差別化でありかつライフサイクルの短い部分での利用が適していると話します。

そして、このようなシステムを構築するには、様々なクラウドサービスやソフトウェア・パッケージをAPI連携させることが必要不可欠であるため、これらのテクノロジーに造詣の深く、中長期的な視点で設計ができるアーキテクトの存在が特に重要となります。
しかし一方でITRの調査では、「API化を設計できる人がいない」と「API化するスキルがない」と言った課題を持つ回答者が合わせて45%を占めており、API作成が容易なツール/サービスのニーズの高まりが感じ取られます。

迅速開発ツール/サービスとAPIマッシュアップの活用が重要――ITRがホワイトペーパーを発行:EnterpriseZine(エンタープライズジン)