群馬銀行法人口座と「MFクラウドシリーズ」がAPI連携 Oauth2.0に準拠した認証基盤でセキュアな連携を実現

マネーフォワード社の提供するクラウド会計サービス「MFクラウドシリーズ」において、群馬銀行の法人向け参照系APIと公式連携を開始したことが2018年3月に発表されました。

対象サービスは、「MFクラウドシリーズ」内の『MFクラウド会計』・『MFクラウド確定申告』・『MFクラウド経費』・『MFクラウド消込』の4サービス。

マネーフォワード社が提供する家計簿アプリ「マネーフォワード」は、既に2016年から群馬銀行の個人口座の参照系APIと連携が開始されていました。
今回の連携では、「マネーフォワード」「MFクラウドシリーズ」両サービスにおいて、群馬銀行の認証基盤(Oauth2.0準拠)を用いて認証を行います。
そのため、インターネットバンキングのID・パスワードを預けることなく残高情報や入出金履歴などを確認することができるようになります。また、強固なセキュリティ環境を構築することが可能です。

同行は今後他社とのAPI連携開始を見据えており、順次必要な体制を整備していくとのことです。
具体的な期日としては、個人口座・法人口座の参照系APIは2019年4月、法人口座の更新系APIは2019年10月、法人口座の更新系APIは2020年3月を目処に進めていくとの方針を公表しています。

マネーフォワード、群馬銀行提供の法人向け参照系APIとの公式連携を開始|株式会社マネーフォワード

「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」の公表について|2017年度|ニュースリリース|群馬銀行

この記事を書いた人: APIbank編集部

API関連最新ニュースやAPIbankからのお知らせを発信しています。
Twitterアカウント https://twitter.com/APIbank_jp
Facebookページ https://www.facebook.com/APIbank.jp/

リスト