【APIレビュー】Text Analysis API

Text Analysis APIのレビュー

総合評価コメント

Text Analysis APIのレビュー

Text Analysis APIでは、エンティティ抽出やカテゴリ抽出、感情解析など、テキスト解析に関するいくつかのAPIが提供されています。

解析の精度は高く、「感情解析API」ではテキストから内容がポジティブかネガティブかを解析してくれるため、例えば自社サービスに対するツイートやコメントの解析や分類に使用できます。

残念ながら現在は日本語には対応していませんが、どのAPIも有用であるのは間違いないため、今後日本語対応されることを期待しています。

評価項目

評価項目
ドキュメントドキュメントは英語のみとなります。APIやSKDについてはサンプルコードも用意されており、エラーコードについてもまとめられています。
また、パラメータについて記載はありますが、レスポンスデータについての詳細な説明はないため、人によっては分かりづらいかもしれません。
使いやすさ様々な開発言語に対応したSDKが用意されており、またエンドポイントを指定する場合でも必須パラメータが少ないため、とても使いやすくなっています。いくつかの言語の解析に対応していますが、残念ながら現在は日本語には対応していません。
データの中身レスポンスはJSONとXMLに対応しています。試したのは英語のみですが、解析結果の精度も高く、「エンティティ抽出API」では人名や場所などが正しく抽出されていました。
価格一部制限はありますが、無料で利用できます。
サポート体制FAQが用意されており、利用開始方法からAPIの使い方までの疑問点が解決できるようになっています。
開始しやすさAPIキー発行のためにアカウント登録が必要ですが、特に審査などないため、すぐに利用することができます。
またデモ環境が用意されているため、軽く触りたい場合はアカウント登録無しで試すことができます。

API概要

評価項目
API名Text Analysis API
APlbank ASID930
テスト可否
カテゴリテキスト解析
概要AYLIENが提供しているテキスト解析APIです。
エンティティ抽出や感情解析、カテゴリ抽出など、いくつかのAPIが提供されています。
公式URLhttps://aylien.com/text-api/
APIフォーマットREST。URLにパラメーターを挿入するタイプ。
レスポンス形式JSON/XML
SDK/ライブラリ用意あり
テスト環境あり
APIbankのレスポンスタイム1800(ms)〜313(ms)
※APIエンドポイントにより変動