資産運用アプリ「マメタス」で即入金可能なAPIを住信SBIネット銀行が開発 ”へそくり”投資がより気軽に

API最新ニュース

住信SBIネット銀行は、ウェルスナビ社が運営する資産運用アプリ「マメタス」において、資金をワンタップでリアルタイムに投資用口座に入金・運用できるようにした、と2018年2月6日に発表しました。

この機能は、住信SBIネット銀行の顧客向けにカスタマイズされた、ウェルスナビのロボ・アドバイザーサービス「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」利用者が対象です。

「マメタス」とは、家計簿アプリと連携し、買い物などで生じた端数をおつりに見立て、貯まったおつりを投資運用資金へ回せるアプリです。

従来は、一定期間おつりを積み立てた後、投資口座に入金するといった手順でしたが、この機能により、利用者は好きなタイミングで投資口座に入金できるようになります。

2017年に銀行法が改定され、銀行によるAPI公開が努力義務化されました。

しかし現状では、資金移動にかかるネットワーク利用料などのコストや、セキュリティリスクの高さが開発のネックとなっています。

今回発表された機能も、住信SBIネット銀行が新たに開発した「リアルタイム口座振替API」を活用しています。ただし、万が一APIが悪用されても資金は銀行内にとどまるため、事実上のリスクはない、と同行は判断したとのことです。

好きな時に投資口座に入金、住信SBIネット銀が更新系APIで | 日経 xTECH(クロステック)

WealthNavi for 住信SBIネット銀行と連携する資産運用アプリ「マメタス」大幅バージョンアップのお知らせ~リアルタイム口座振替APIを活用し“ワンステップ入金”で追加投資ができるように!~|住信SBIネット銀行