APIbankとは

探して、試して、使う 日本初のAPI取引所

APIbankは、APIを使って欲しい企業・提供者・ソフト会社とAPI開発者・ビジネス企画者を繋げる流通プラットフォームです。

世界に点在している様々な優良APIをカテゴリ別に分類し、取引所で一括して扱うことで、個別にソフト会社とAPI開発者がやり取りをせずに、利用することができます。

更に、開発されたアプリのAPIをAPIbankに登録していくことで、新たなAPIを「探して、試して、使ってみる」ことが容易になり、APIの取引が活性化されます。

APIbankの目的

企業が持つ多くのサービスやデータをAPI(Application Programming Interface)によって外部に公開し、それらを他社が利用することによって、大きな経済圏が作られていく、250兆円規模の“APIエコノミー”の時代が始まりました。

一方で、APIに関してはまだまだ情報が偏っていたり、技術的な整備がされておらず、企業や個人が使用するには不便な状況です。

さらに、急速に発展するブロックチェーン技術により、従来のアプリケーションをブロックチェーンベースで構築していく分散型のアプリケーション、Dapp(Decentralized application)へのシフトが急速に進んでいますが、多くの開発者は、Dappの開発を行うために必要なAPIの入手やDappの開発ノウハウなどが不足しているという状況です。

APIbankは、世界中にあるAPIをまとめて取引できる日本初のAPI取引所です。

さらに、最先端のブロックチェーン技術を活用するためのAPIを提供し、Dappの開発支援を行います。

開発されたDappのAPIをさらにAPIbankに登録していくことで、Dappの経済圏を広げていくことができます。

APIbankを利用することでソフト会社や開発者のソフトウェア開発効率を向上させて、世界中で使われるアプリ開発を支援いたします。

APIbankサービス説明図

Dapp(Decentralized Application)とは

Dapp(Decentralized Apps)とは、分散型アプリケーションです。

従来のアプリケーションは、サーバーを主体に管理されることで動作をしています。
しかし、このような中央集中型のアプリは、単一の障害に弱く、不透明性が高いという問題点があります。

これに対してDappは、ブロックチェーンの分散型台帳技術により、ネットワーク全体に広がるサーバーとコミュニティにより共同的に管理されていくという特徴があります。
これにより、単一障害点がなく、過去のデータを改ざんすることもできない透明性の高い環境が構築できます。

最初に開発されたDappがビットコインとなりますが、現在では、様々な従来型アプリのDappへの書き換え作業が進んでいます。
開発されたDappのAPIがAPIbankに登録されて利用されていくことで、Dappの経済圏の更なる拡大が期待できます。

従来型と分散型アプリケーション(Dapp)の違い

APIbankを支えるSOBAプラットフォーム

SOBAは、APIを一元管理し、動作環境を提供するAPI開発プラットフォームです。
APIをSOBAプラットフォームに登録することで、API開発者が個別にソフト会社やAPI提供者と契約したり、評価テストを行う手間を省力化し、開発効率を高めることができます。

従来のアプリ開発は、開発者が個別にこの作業を行なっていたため、ソフトウェア開発の生産性が著しく低下していました。
SOBAプラットフォームは、この無駄を排除するために開発されました。

SOBAプラットフォーム

APIエコノミーの出現は、多くの価値あるコンテンツやリアルデータを保有し、FinTechでもいち早く法整備を整えた日本にとって、大きなチャンスです。
APIbankは、日本の開発者を支援しながら、これから訪れるAI・デジタル社会に貢献したいと考えています。

〉運営者について


loading